データ復旧できないビデオカメラとは? | ビデオカメラ データ復旧.com

045-443-5953045-443-5953
ビデオカメラのデータ復旧専門店

データ復旧できないビデオカメラとは?

まず、ビデオカメラのデータ復旧において重要なのは、データが消えた後に書き込みしていないことです。
データが消えた直後であればデータ復旧できることが多いのですが、撮影すると上書きされてしまうのでそのぶんデータ復旧できなくなってしまいます。

ビデオカメラのデータ復旧できる確率を下げないためには、現在の状態を保つことが大切です。
電源を入れているとつい操作したくなるかもしれないので、電源を切って、バッテリーも外してしまうのがよいでしょう。

もう一度同じシーンを撮影できるならいいのですが、そうもいかないことがほとんどと思います。
入学式、出産、披露宴等、やり直しは難しいですよね。

データ復旧できない例には、こんなものがあります。

・ビデオカメラ内の全データを削除。その後、容量いっぱいまで撮影した。
・ビデオカメラがいっぱいになったので、一部のデータを削除。その後、容量いっぱいまで撮影したが、先ほど消したデータの中に必要なものがあったことが判明。
・データ復旧できないようにする処理を行っているビデオカメラ

比較的データ復旧しやすいビデオカメラは、SONY、Canon、Panasonicのものです。
また、内蔵メモリタイプよりも内蔵ハードディスクタイプの方がいざという時対処できる傾向があります。
SDカードも通常は問題無くデータ復旧できます。が、読み取り不良となりビデオカメラでもパソコンでも認識しなったSDカードは、データ復旧が難しいことが多いです。

水没させた場合、データ復旧できる可能性はありますが、状況次第というところでしょう。

SONYのビデオカメラだと、「E:31:00」というエラーコードが表示されることがあります。
これはハードディスクに物理的な問題が発生しているときに表示されますが、データ復旧できる可能性はまだ残っています。
物理的な問題が発生している場合、物理的な障害がどの程度のレベルなのかによってもデータ復旧の可否は変わります。
「E:31:00」のような物理的な障害が出たら、とにかく電源を切ってしまいましょう。
壊れかけている状態で通電すると、余計に悪化してしまう可能性があるからです。

ビデオカメラのデータ復旧なら、ビデオカメラのデータ復旧・復元専門店|ビデオカメラデータ復旧.comにおまかせください!きっとあなたのお力になれます。

ビデオカメラ データ復旧サービスの詳細ををご覧になりたい方は、以下のボタンをクリックしてください。

btn_service

無料診断を試したい方は、以下のボタンをクリックしてください。

btn_apply

まずは電話で聞いてみたい方は、以下のボタンをクリックしてください。

btn_tel

メールで復旧の可能性等確認したい方は、以下のボタンをクリックしてください。

btn_contact



データ復旧見積依頼書

 
ビデオカメラデータ復旧の専門店
ビデオカメラデータ復旧.com


TEL045-443-5953
【電話受付時間】
年中無休 9時~22時


データ復旧ならおまかせください。日々笑顔でデータ復旧しています。まずは現在の状況をお知らせください。しつこい売り込みは一切いたしません。ご安心ください。

クレジットカード

クレジットカード決済がご利用頂けます。

代引

代引決済がご利用頂けます。