HDR-CX485 ソニーハンディカムのデータ取り出し【注文殺到!】 | ビデオカメラ データ復旧ビデオカメラ データ復旧

HDR-CX485 ソニーハンディカムのデータ取り出し【注文殺到!】

045-443-5953045-443-5953

「HDR-CX485 ソニーハンディカムの電源が入らない」
「液晶タッチパネルが壊れて操作できない」

こんなお悩みはありませんか?
もしそうなら、この記事をチェックしてみてください!

HDR-CX485 ソニーハンディカムが故障しても、中に入っている映像データを取り出すことができます。
電源が入らなくても、画面が映らなくてもOKです。

ただ、例えば水に濡れて故障した場合、あまり時間が経つとサビてしまって処置が難しくなる可能性があります。
できれば、お早めにデータを取り出すことをオススメします。

SOMY HDR-CX485 ビデオカメラで撮影した大事な映像データを取り戻したい方は、この先を読んでみてください。

SONY HDR-CX485 ビデオカメラのデータ取り出し

HDR-CX485 SONYビデオカメラの基本情報

発売: 2016年1月
記録媒体: 内蔵メモリー (32GB)
本体重量: 195g
ハイビジョン対応: フルハイビジョン

HDR-CX485 SONYビデオカメラのデータは復元可能?

はい、データ復元できます。
電源が入らない、画面が壊れて映らない、故障してタッチが効かない、のような状況からデータ復元に成功しています。
また、テレビにUSBケーブルでつないだ時によく発生するエラー「C:13:01」が出ていても、データ復元が可能です。

データ復旧できる可能性の目安

HDR-CX485でよくあるご相談ランキング

HDR-CX485 ビデオカメラ データ復元成功事例

HDR-CX485 SONYビデオカメラのデータ復旧に成功した事例を紹介します。

千葉県 HDR-CX485 海水がかかったら、画面が映らない状態に

千葉県のお客様から、故障したソニーハンディカムのデータ取り出しが可能だろうかとお問い合わせをいただきました。

詳しい状況を伺うと、家族で海に行った時にSONY HDR-CX485を使って撮影していたのですが、海水がかかってしまい、その後ハンディカムの液晶画面に何も映らなくなったそうです。
防水カメラではないため、内部でショートして壊れてしまったのでしょう。
本体の動画をバックアップしていなかったので、何とかデータを取り出したい、というご相談です。

今まで、同様の状況からデータ取り出しに成功した実績が複数あります。
そのため、まず問題無くデータ取り出しできる状況と考えられます。

まずは、無料初期調査を行うため、該当のビデオカメラを弊社までお送りいただきました。
ビデオカメラ到着次第、すぐに診断をスタート。
予想していたとおり、問題無くデータを取り出せる状態でした。
丁寧に処理を進め、1時間31分の映像データをしっかりと確保できることを確認します。
内容をお客様にチェックしていただき、欲しいデータが復元できることをご確認いただきます。

テレビ再生用BDに変換してお渡ししました。

福島県 HDR-CX485 落下させたら、電源が入らない状態に

福島県のお客様から、故障し電源が入らないSONYハンディカムのデータ取り出しについてLINEでお問い合わせをいただきました。

詳細を伺うと、撮影中に誤ってハンディカムを落下させてしまったところ、故障して電源が入らなくなってしまったようです。
落下時の衝撃で、何かの部品が壊れてしまったのでしょう。
非常に大事な映像が入っていたので、データを取り出してもらいたい、というご要望でした。

電源が入らないソニーハンディカムからのデータ復元は、今までに何件も行っています。
通常は問題無くデータ復元に成功していることから、本ケースでもまず問題無くデータ復元できる状況といえます。

早速、初期診断のためにハンディカムをゆうパックでお送りいただきました。
弊社に到着次第、診断に着手します。
特に深刻な問題はなく、スムーズに診断を進めていきます。
2時間10分の動画データを確保できることを確認し、お客様にメールでレポートを送ります。
全く問題無いということで、無事に納品となりました。

大阪府 HDR-CX485 TVにUSBでつないだら、「内蔵メモリーが認識できません」「C:13:01」と表示される状態に

大阪府のお客様からお電話でご相談をいただきました。

SONYハンディカムHDR-CX485で撮影した映像をテレビで見ようとしたとき、テレビとビデオカメラをUSBケーブルでつないでしまった。
フォーマットをします、のようなメッセージが出たのでそのまま「OK」を選択したところ、ビデオカメラのデータが見られなくなってしまった。
「内蔵メモリーが認識できません」とエラーメッセージが出て「C:13:01」のエラーコードが点滅している、状態のようです。

ケーブルの種類が多くわかりづらいですが、テレビと接続する時は、HDMIケーブルやA/Vケーブルを使用する必要があります。
USBケーブルを使用すると、思わぬトラブルが発生する可能性があります。

過去の実績として、ビデオカメラをTVにUSB接続してエラーが出るようになったとしても、問題無くデータを復元できています。
そのため、今回もまず問題無くデータ復元できると推測できます。

すぐにハンディカムを弊社までヤマト運輸にてお送りいただきました。
ハンディカムが到着したら、無料初期調査を行います。
メモリの解析を進めていくと、映像データを保存している領域が見つかります。
万が一にもミスが無いよう、丁寧に処理を進めて行きます。
1時間20分の映像データが復元できることを確認しました。
お客様に報告すると、報告した内容にまさに欲しかったデータが含まれているとのこと。
納品後、「本当に助かりました。感謝です」とご感想をいただきました。

 

ビデオカメラのデータ復旧なら、ビデオカメラのデータ復旧・復元専門店|ビデオカメラデータ復旧におまかせください!きっとあなたのお力になれます。

ビデオカメラ データ復旧サービスの詳細ををご覧になりたい方は、以下のボタンをクリックしてください。

btn_service

無料診断を試したい方は、以下のボタンをクリックしてください。

btn_apply

ビデオカメラ データ復旧サービスご利用者の声

お客様の声 お客様の声 お客様の声 お客様の声

メールでのお問い合わせ・無料診断お申し込み

必須お名前
必須フリガナ
必須電話番号
必須メールアドレス
必須メーカー・機種
必須状況


上記入力が終わりましたら、送信ボタンを押してください。

この記事を書いたのは:


データ復旧見積依頼書

 
ビデオカメラデータ復旧の専門店
ビデオカメラデータ復旧


TEL045-443-5953
【電話受付時間】
年中無休 9時~22時


ビデオカメラのデータ復旧ならおまかせください。日々笑顔でデータ復旧しています。まずは現在の状況をお知らせください。しつこい売り込みは一切いたしません。ご安心ください。

クレジットカード

クレジットカード決済がご利用頂けます。

代引

代引決済がご利用頂けます。