SONY HDR-CX390 データ復旧 徹底的に復元します | ビデオカメラ データ復旧.com

SONY HDR-CX390 データ復旧 徹底的に復元します

045-443-5953045-443-5953

「HDR-CX390 SONYビデオカメラを間違えてフォーマットしました。データ復旧できますか?」
「HDR-CX390の電源が入りません。データを取り出すことはできますか?」

はい、HDR-CX390 SONYビデオカメラのデータは、復旧できます!

間違えて削除したりフォーマットしても、データ復旧できます。
故障して起動しない、電源が入らない、液晶画面が映らない状態であっても、データを取り出すことが可能です。

入園式や入学式、運動会や発表会、卒園式や卒業式など、HDR-CX390 SONYビデオカメラを使って撮影した映像は本当に大事なものだと思います。
そんな大事なデータが二度と見られなくなってしまうのは、どうしても避けたい事態です。
ビデオカメラのデータ復旧専門店として、徹底的にデータ復旧を行っています。
きっとお力になれますので、データ復旧をお考えの方はこの先を読んでみてください。

SONY HDR-CX390 データ復旧 徹底的に復元します

HDR-CX390 SONYビデオカメラの基本情報

発売: 2013年1月
記録媒体: 内蔵メモリー (32GB)
本体重量: 185g
ハイビジョン対応: フルハイビジョン

HDR-CX390 SONYビデオカメラのデータは復元可能?

はい、データ復元可能です。
フォーマットしたり削除して消えてしまったデータを復元できます。
また、電源が入らない、液晶画面が壊れた、エラーが表示されている、といった故障した状態からデータを取り出すことができます。

データ復旧できる可能性の目安

HDR-CX390 でよくあるご相談ランキング

HDR-CX390 ビデオカメラ データ復元成功事例

HDR-CX390 SONYビデオカメラのデータ復旧に成功した事例を紹介します。

東京都杉並区 HDR-CX390 電源が入らない故障ビデオカメラのデータ取り出し

東京都杉並区のお客様から、電源が入らない故障ビデオカメラのデータ取り出しについて電話でお問い合わせいただきました。

詳細を伺うと、SONY HDR-CX390ビデオカメラの電源が、いつの間にか入らなくなっていたそうです。
久しぶりに使おうとしたら故障していたようで、特に水没させたり高所から落下させたこともなく、気がついたときには壊れていた状況です。
ビデオカメラ自体はもう買い換えてもよいのですが、ビデオカメラの中に大事な映像が入ったままとなっているので非常に困っていらっしゃいます。
何とかデータだけでも取り出したいと考え、ネットで調べてこのサイトを見つけた、とのことでした。

何の前触れもなく突然ビデオカメラが故障したということで、ショックは大きかったことでしょう。
故障したことそのものよりも、大事なデータが見られなくなってしまうのではというショックの方が大きいものです。

幸いなことに、ビデオカメラが故障して電源が入らない状態であれば、データ取り出しに成功する可能性は非常に高いです。
過去に同様の状況から実際にデータ取り出しを行っているため、ほぼ間違い無くデータを確保できると言えるでしょう。
お客様にその旨お伝えすると、ぜひお願いしたいということで、すぐにビデオカメラを弊社までゆうパックにてお送りいただきました。
ビデオカメラが到着し、すぐに診断を開始します。
まずは現在の状況を確認します。
確かに、電源が入らない状況です。
続いて診断を進めていきます。
データ保存エリアにアクセスを試みると、2時間11分の映像データが無事に確保できることがわかります。
お客様に詳細レポートをメールでお送りし、内容をチェックしていただきます。
全く内容に問題無しということで、実際に復旧処理に着手します。

テレビで見られるブルーレイディスクに変換してのお渡しとなりました。

大阪府 HDR-CX390 フォーマットしたビデオカメラ復旧

大阪府のお客様から、操作ミスでフォーマットしたSONY HDR-CX390ビデオカメラのデータ復旧が可能かLINEでお問い合わせがありました。
フォーマットした後は何も撮影していないそうです。
また、SDカードは使わずに本体内蔵メモリに撮影していました。
今までバックアップをしたことが無く、かなりのデータが一気に消えてしまったので何とか復旧して欲しいとのことでした。

誤ってフォーマットを実行し、データが消えてしまったというご相談をよくいただきます。
SDカードをフォーマットするつもりで内蔵メモリをフォーマットした、というケースが多いです。
フォーマットを実行すると、データ復旧ができなくなってしまうビデオカメラもあります。
このHDR-CX390については、フォーマットしてもまだデータ復旧できるビデオカメラです。
フォーマットした後に撮影をしていないため、まず問題無くデータ復旧に成功する状況と考えられます。

早速、無料初期調査のためビデオカメラを弊社までヤマト運輸にてお送りいただきました。
ビデオカメラが到着し、すぐに調査をスタートします。
内蔵メモリを解析すると、映像データの痕跡が見つかります。
絶対にミスをしないよう、あせらず丁寧に、素早く手際よく診断を進めていきます。
診断の結果、2時間40分の動画データが確保できることが判明します。

お客様に詳細をご確認いただくと、欲しかった動画データがしっかりと含まれているようです。
「操作を間違ってフォーマットした時は本当に立場がありませんでしたが、データ復旧していただき一安心です。ありがとうございました。」と感謝のお言葉をいただきました。

広島県 「C:13:01」エラー HDR-CX390 TVにUSBケーブルで接続し故障したビデオカメラの映像データ復旧

広島県のお客様から、エラーが発生したHDR-CX390ビデオカメラの映像データ復旧についてご相談いただきました。

詳しい状況を伺うと、ビデオカメラで撮影した映像をTVで閲覧しようとした時に、ビデオカメラとTVをUSBケーブルで接続したそうです。
その時に何か「初期化しますか?」のようなメッセージが出たのですが、必要なのかと思い「はい」を選択したところ、ビデオカメラの画面に「C:13:01」というエラーコードが点滅し、今まで撮影した映像が全て見えなくなってしまったそうです。
ビデオカメラをフォーマットすれば直るかとも考えましたが、それでデータが完全に消えてしまうかもしれないと考え、フォーマットは実行していません。
どうしても欲しい映像だったので、もしデータ復旧できるようならお願いしたい、とのことでした。

テレビとビデオカメラをUSB接続し、ビデオカメラにエラーが表示されデータが見られなくなったというご相談も多いです。
外部機器に接続するときには想定外の状況になりやすいので、本当に注意が必要です。
本ケースでは、テレビ側からビデオカメラの内容を一部書き換えてしまうことで、ビデオカメラが正常動作しなくなっています。
ただ、同様の状況からデータ復旧に成功した実績があります。
「C:13:01」エラーが出てからビデオカメラ本体をフォーマットしていないため、データ復旧の可能性は非常に高い状況と言えます。

すぐにビデオカメラを弊社までお送りいただきました。
ビデオカメラが到着したら、初期調査に入ります。
まずは現在の状況を確認すると、確かに「C:13:01」のエラーコードが点滅し、データが何も見られなくなっています。
続いて、データ記録領域にアクセスし、解析を行います。
解析を進めて行くと、動画データ3時間43分が無事に確保できることがわかります。
詳細レポートをお客差に提出し、内容をチェックしていただきます。

テレビで見られるブルーレイディスクに変換してのお渡しとなりました。


ビデオカメラのデータ復旧なら、ビデオカメラのデータ復旧・復元専門店|ビデオカメラデータ復旧.comにおまかせください!きっとあなたのお力になれます。

ビデオカメラ データ復旧サービスの詳細ををご覧になりたい方は、以下のボタンをクリックしてください。

btn_service

無料診断を試したい方は、以下のボタンをクリックしてください。

btn_apply

ビデオカメラ データ復旧サービスご利用者の声

お客様の声 お客様の声 お客様の声 お客様の声

メールでのお問い合わせ・無料診断お申し込み

必須お名前
必須フリガナ
必須電話番号
必須メールアドレス
必須メーカー・機種
必須状況


上記入力が終わりましたら、送信ボタンを押してください。

この記事を書いたのは:


データ復旧見積依頼書

 
ビデオカメラデータ復旧の専門店
ビデオカメラデータ復旧.com


TEL045-443-5953
【電話受付時間】
年中無休 9時~22時


データ復旧ならおまかせください。日々笑顔でデータ復旧しています。まずは現在の状況をお知らせください。しつこい売り込みは一切いたしません。ご安心ください。

クレジットカード

クレジットカード決済がご利用頂けます。

代引

代引決済がご利用頂けます。