実行できないメディアです C:13:01エラー ハンディカム SONY HDR-CX535 データ復旧

実行できないメディアです C:13:01エラー ハンディカム SONY HDR-CX535 データ復旧

045-443-5953045-443-5953

「実行できないメディアです」「C:13:01」とエラー表示されるハンディカム SONY HDR-CX535のデータ復旧依頼を、東京都小平市のお客様からいただきました。

「内蔵メモリーが認識できません フォーマットしてからお使いください」とエラーメッセージが表示されます。

テレビにUSBで接続したらこうなってしまいました。

本体内蔵メモリに入っている動画を取り出したいです。

故障して「C:13:01」が点滅しているSONY HDR-CX535ビデオカメラのデータ復旧に成功しました!

実行できないメディアです C1301エラー ハンディカム SONY HDR-CX535 データ復旧

内蔵メモリーが認識できません フォーマットしてからお使いください SONY HDR-CX630ビデオカメラ データ復元 ご依頼をいただくまでの経緯

SONY HDR-CX535ビデオカメラは、普通に家庭用のカメラとして使用していました。

子どもの成長記録を残すために撮影したのがほとんどです。

ある日、ビデオカメラで撮影した動画をテレビの画面に映して見ようと思いました。

そこで、USBケーブルを使ってハンディカムとテレビを接続しました。

その時に何か表示されたように思いますが、詳しくは覚えていません。

その後ビデオカメラのデータが全て見られなくなりました。

電源を入れると

「内蔵メモリーが認識できません
フォーマットしてからお使いください」

と表示されます。

その後

「実行できないメディアです」

と表示されます。

液晶画面の右上には

「C:13:01」

のエラーが点滅しています。

突然こんなことになってしまい、本当に困りました。

しばらくバックアップをしていなかったためです。

数時間分の動画が入っているはずです。

大事なデータなので、何とか復元したいです。

試しにビデオカメラをパソコンにUSBでつないでみたのですが、パソコンからデータを確認することはできませんでした。

 

Google検索でこちらのサイトを見つけました。

ソニーハンディカムで「C:13:01」が点滅している状態からデータ復旧に成功した事例がいくつかあり、期待できると感じました。

ビデオカメラのデータ復旧料金も思ったより安いです。

電話で確認したところ、料金は表示のままで、特に追加は無いようです。

また、C:13:01エラーであれば、経験上まず問題無くデータ復旧できるとのこと。

それならばと、お願いすることにしました。

ビデオカメラデータ復旧専門店による故障して内蔵メモリーが認識できません フォーマットしてからお使いくださいと表示されるSONY HDR-CX535ビデオカメラ データ取り出し

ビデオカメラをテレビにUSB接続したら、エラーが出るようになった。

今まで撮影した動画を見ることができない。

このご相談をいただくことがよくあります。

 

ビデオカメラで撮影した動画をテレビで見る場合、基本的にはHDMIケーブルで接続する必要があります。

USBケーブルで接続すると、ビデオカメラにエラーが発生してデータが見られなくなることがあります。

ソニーハンディカムの場合、

「内蔵メモリーが認識できません
フォーマットしてからお使いください」

「実行できないメディアです」

「C:13:01」

と表示されることがほとんどです。

テレビからビデオカメラをフォーマットしてしまい、ビデオカメラの情報がおかしくなってしまうのが原因です。

 

ビデオカメラの画面右上に「C:13:01」エラーが点滅すると、通常の操作ではデータを取り戻すことができません。

SONYによる公式なエラーコードの説明はこちらです。

「C:13:01」など、「C:13」で始まる自己診断表示(エラーコード)が表示される。(ハンディカム)

電源の入れ直しで直ればいいのですが、基本的には電源を入れ直してもエラーは解消されないようです。

メーカー修理に出すのも1つの手ですが、修理した場合中に入っているデータが消えてしまうことがあります。

そのため、データが必要な場合、修理に出す前にデータを確保しておく必要があります。

 

弊社では、

「内蔵メモリーが認識できません
フォーマットしてからお使いください」

「実行できないメディアです」

「C:13:01」

とエラーメッセージが表示されるビデオカメラのデータを復旧することができます。

 

今回ご相談いただいたSONY HDR-CX535ハンディカムは、2014年1月に発売されました。

32GBの内蔵メモリーに記録できるカメラです。

弊社での復旧実績も多く、データ復旧に成功する可能性が高いカメラと言えます。

「C:13:01」エラーであれば、ほぼ確実にデータ復旧できると考えられます。

 

まずは無料初期診断を行うため、該当のハンディカムを弊社までゆうパックにてお送りいただきました。

ビデオカメラが到着したら、現状を確認します。

確かに、エラーが表示されて全データ見られません。

続いて、本体内蔵メモリのデータを復元するために必要な処理を行います。

かなり難しい箇所もありますが、熟練した技術者が素早く丁寧に処理していきます。

必要な動画データ3時間29分(100パーセント)の取り出しに成功しました。

SONY HDR-CX535ビデオカメラをテレビにUSB接続しエラーが発生した状態でもデータ取り出しできます

SONY HDR-CX535ビデオカメラの画面に

「内蔵メモリーが認識できません
フォーマットしてからお使いください」

とエラー表示されていても、データ復旧できます。

電源が入らない、液晶画面が映らない、タッチパネルがきかない等、様々な状態からデータ復旧可能です。

落下させて壊れたり、水に濡れて壊れた状態でも大丈夫です。

誤操作で削除した動画データの復元もできます。

ビデオカメラのデータのことでお困りでしたら、ご相談ください。

ビデオカメラ データ復旧専門店のコメント

SONY HDR-CX535ハンディカムで「C:13:01」が点滅している状態からデータ取り出しに成功しました!

ハンディカム本体内蔵メモリに記録されていた動画を100%復旧することができました。

撮り直しのできない大切な思い出の動画をしっかりと復元できて本当によかったです。

SONY HDR-CX535ビデオカメラのデータは復旧できます。

法人様からも個人様からもご依頼いただいています。

Youtuberの方からのご依頼も増えています。

ビデオカメラのデータ復旧でお困りでしたら、まずはご相談ください!

 

ビデオカメラのデータ復旧なら、ビデオカメラのデータ復旧・復元専門店|ビデオカメラデータ復旧におまかせください!きっとあなたのお力になれます。

ビデオカメラ データ復旧サービスの詳細ををご覧になりたい方は、以下のボタンをクリックしてください。

btn_service

無料診断を試したい方は、以下のボタンをクリックしてください。

btn_apply

ビデオカメラ データ復旧サービスご利用者の声

お客様の声 お客様の声 お客様の声 お客様の声

    メールでのお問い合わせ・無料診断お申し込み

    必須お名前
    必須フリガナ
    必須電話番号
    必須メールアドレス
    必須メーカー・機種
    必須状況


    上記入力が終わりましたら、送信ボタンを押してください。

    この記事を書いたのは:


    データ復旧見積依頼書

     
    ビデオカメラデータ復旧の専門店
    ビデオカメラデータ復旧


    TEL045-443-5953
    【電話受付時間】
    年中無休 9時~22時


    ビデオカメラのデータ復旧ならおまかせください。日々笑顔でデータ復旧しています。まずは現在の状況をお知らせください。しつこい売り込みは一切いたしません。ご安心ください。

    クレジットカード

    クレジットカード決済がご利用頂けます。

    代引

    代引決済がご利用頂けます。